有限会社 市丸商店 代表挨拶

代表挨拶

有限会社 市丸商店 代表取締役 市丸尚嗣 創業当時の社屋

創業当時の社屋

便利な時代になりました。御用聞きも営業すら不要な時代かもしれません。
でも、取引先の方々が当社に発注して頂けるのは、商売の大原則は変わらないからだと思います。
事務服、作業服、白衣などの制服を扱う市丸商店を創業して50 年。
昔話をするつもりはありませんが、昭和43 年。私が創業当時から20 年ほどは、御用聞き営業が全てでした。
取引先に顔を出し、1 件1 件注文を取り、納める。全てが手作業でした。
「ちょうどいいところに来てくれた、来週から作業服3 人分頼むよ」と言われることもしばしば。
春になれば大量の新入社員が入るのは当然として、一年中忙しくさせていただいておりました。
私達が取り扱う制服や作業服は、もちろんオーダーメイドではありません。
でも、体型や好みに合わせて裾( すそ) を詰めたり調整をすることがあります。
この会社で働く人が、少しでも快適に働けるように、そう思って納めていました。「この服を着る人」の顔が見える、そんな商売を続けて参りました。
ところが今では、カタログやインターネットでデザインやサイズを選んで電話やメールで注文し、翌日には運送会社が配送してくれるという時代です。そんな風になって久しくもあります。

私共が取り扱う制服、作業服、白衣などもインターネット通販でいくらでも買えます。作業服などはホームセンターなど量販店でも買えます。
私達はメーカーではありません。メーカーから仕入れてお客様に納品します。
同じものであれば安くて早いほうがいい、私もそう思います。
しかし、市丸商店がお納めする制服や作業服はメーカーがつくり、通販サイトや量販店に並んでいるものとは確かに同じものです。
でも、市丸商店が納めることで「特別な一着」になる。
そのような気持ちで、50 年変わらず、仕事をさせて戴いております。
これからの50 年も時代に合わせながらも、商売の本質は変えずに「働く人々」を応援致します。

有限会社 市丸商店 代表取締役 市丸尚嗣

有限会社 市丸商店 市丸誠一

当社に勤める前は、社会人野球に所属していました。子供の頃から野球に熱中し、プロ野球を目指してい ました。しかし、そこで経験したことが今の会社経営に役立っていると実感しています。
中学、高校、大学とレギュラーでしたが、社会人ではバックアップ(補欠)でした。悔しさと挫折感もありましたが、チームの和のために行動することが出来ました。野球エリートとして活躍し、プロ入りしていたら絶対にこんな経験はできなかったのではないかと思います。
華やかなプロの世界は弱肉強食、究極の競争社会でもあります。選手たちがインタビューでよく「チームの勝利に貢献したい」と言ってはいますが、本音はチームよりも自分。
私は幸か不幸か補欠でしたので、プレイする同僚たちを客観的に見ることができました。だから自分の利よりもチームの和や、裏方としての活動の中で「どうすれば喜んでもらえるか」「自分が貢献できることを考える」という思考を持つことが出来たのだと思います。
父親である当社社長が創業当時から愚直に貫いてきた事は、私が補欠や裏方の経験のない野球ばかりしていたならば絶対にわからなかったでしょう。他人より自分という考えを捨て「取引先の発展のために」「従業員の和のために」という思い。そして周りを活かすことで自分も活かされるという、この社会の本質。それを今思えば貴重な補欠時代の苦しい経験から、会得し理解することができました。
それは今の仕事に通じています。「他がやらないようなきめ細やかな対応やカスタマイズ」などは、効率化を追求すれば切り捨てなければならない部分かもしれません。しかし、安くて早いカタログやネット通販では提供できないお客様のためのサービスや安心、プラスアルファがそこにあります。
それこそが50 年続けてきた当社の個性でもあります。取引先様のために、今後もこの考えを変えずに貫いてまいります。

市丸誠一

お問い合せ